読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんにもわかっちゃない

キスマイとセクゾとつんくとハロプロ

I Screamで夏が始まった(コンサートI SCREAMに関する所感)

「まいにちたまもりゆうた」がないと生きられない身体になってしまった「まいにちたまもりゆうた中毒」の皆様、いかがお過ごしでしょうか。毎日毎日ジャニウェブをリロードする生活の楽しさをしってしまうともう後に戻れない…という謎の恐怖感につつまれますよね。そろそろ尊さにころされるかもしれない。がんばっていきましょう。(日本語すらしゃべれなくなってきた)お玉ちゃん、毎日宿題をこなしてくれて本当にありがとうね。私のお願い事はお玉ちゃんの5つのお願い事を叶えてくださいだよ……。
キスマイの、メンバー1人ずつ週1更新じゃなくなったとたん何かと更新してくれる真面目さ、キャンプファイヤーの前で「キスマイのいいところは?」「真面目なところ」と答えちゃうところが大好きです。

さて、明日はI Screamの名古屋公演1日目ですね。私は大阪の最終7月3日に京セラに行って夏が始まりました。一足お先に夏、満喫させてもらっています。名古屋の2日目にも入るのですが、せっかくなので大阪で感じたことをまとめておこうと思います。以下ネタバレしかないのでたたみますね。(コンサートの感想って全公演終了してからするというローカルルールとかがあったりするのかな…)

5周年を迎えたキスマイたちの「変化」が全面に出たコンサート「I SCREAM」
ジュニア時代の曲がなかったり、大喜利コーナーがなかったり、いかにもジャニーズという太鼓パフォがあったり、初日には水でびしゃびしゃになりすぎてダブルアンコールできなかったり*1と初日レポの段階で何かと荒れていた今コンサート。
キスマイのコンサート自体、ワールドとアイスクリームしか入っていない新規も新規な私ですら、確かにふたつのコンサートには明確な違いを感じた。テレビ的な演出とショー的な演出の違いを感じたという感想をみたときにはなるほどなあと唸った。
ツイッター上ではどちらがすき?なんていうアンケートもあって、その結果大体半数*2だったり、そんなおたくたちの反応も、今回のコンサート見所のひとつなのかなと思いながら見ています。(ちなみに私はどちらのコンサートもだいすき!と手放しで言える幸せな部類のおたくです/何目線だよという感じですみません)
とにかく今回のコンサートはキスマイたちの「ジャニーズを極めるぞ!」という気概と、大人たちの「キスマイを正統派アイドルとして推していったるからな」という意志みたいなのを随所随所に感じるつくりになっていたように思う。そういう意味でも、お玉ちゃん中心にたくさんがんばって練習してくれただろう太鼓パフォは泣けるし*3、他のグループを参考に色々取り入れて今まで出来なかったことも全部やってやろうという姿勢にも泣ける。
別に飯島派で辛酸を嘗めてたなんて思ってもいないし(ジャニーズの地上波ジャックして開催されるジャニーズ界のハロコンに参加できなかったり、パフォを見るのがとにかく好きなので音楽番組でれないときはかなしかったけれど)、逆にキスマイにしか経験していないことってめちゃくちゃいっぱいあると思ってる。
それでもやっぱり共演が限られていたりした部分は多々あって(今もまだ残っている)、ジャニーズすきだけどキスマイのことはあんまり知らない、だって見かけないもん。っていうジャニオタも多いのかな。でもそんなジャニオタたちにこれからどんどんアピールしていけるのびしろもっているのやばくない?しかも別の育ち方の違ったアプローチでアピールできるのって攻撃力強い。
ジャニーズ生まれスマップ飯島育ち、中居派芸人とは大体友達(@ZEEBRA)そんなキスマイたちがアイドルど真ん中歩んで行く姿を見届けられるのが嬉しい。これから先、キスマイたちは(おたくたちも)色々変わらざるを得ない部分がいっぱい出てくるんだろうと思う。今までの常識がこれからは違うものになっていくのかもしれない。けれど、今まで培ってきたものっておたくに刻まれているくらいなんだから、キスマイたち自身にも深く根付いているものだと思う。それらがバックボーンにある彼らのこれからのパフォーマンスは、ジャニーズ界でも唯一無二のものになっていくんじゃないのかな。そんな「次へのステップ」としての可能性を提示された気がして、だからこそ「変化」が生じた今回のコンサート、私はすごくすきです。そしてこれはきっと通過点でしかないと思うので、これから先、来年、再来年のコンサートももちろん好きになる予感しかない。改めて我ながら単純で幸せなおたくだなあ…と感じる。

そもそもキスマイたち全員のソロがあるコンサートって革命的
正直アルバムの特典やなんやでRe:とジョッシーで泣く準備を整えて参戦したのですが、実際一番泣けてきたのはワッター弁当だった。ドームの真ん中で、だいすきな料理の曲を笑顔で、一人で、全力で歌う横尾さん、本当にキラキラしていた。音痴いじりされても、歌とダンスと笑顔を同時に出来ない、アイドルなのに?なんて内容のことをMCで言っていても、歌うのがすき、キスマイがすきっていうのが全部伝わってくるパフォーマンスを見せつけてくれて、担当じゃない私ですら感極まってしまった。これを見た横尾担が生きて帰れたのかどうか、心配しています。途中で出てきた板前けんとに安堵の気持ちすら覚えるもんね。じゃないと私も浄化されていた。
そして板前けんとからのステージにどーんと乗る大きな弁当箱だけでもやばいのにそこからジョッシー松村へと繋がっていくの、本当にはちゃめちゃでわらう。
個人的に横尾さんのソロが一番刺さりましたが、7人それぞれのソロがMV含めてすっごく個性的で、これだけ全力でおたくたちに個性を見せつけてくれるのがほんとおたくやっててよかったなあ…としみじみ思わせてくれました。
「かっこいい」を極めて魅せてくれたり、全体のバランスを見つつも個性を爆発させちゃったり、「新しい自分」をその身ひとつで表現してくれたり、キスマイのスタンダードを深めて進んでくれたり、個性を「強み」に変えて自分らしさを構築していたり……それがひとつのコンサートでいっぺんに見れちゃうなんてすごくお得。
大喜利なかったんだ…!?と後で気がつくくらい、全力パフォーマンスで笑顔にしてもらいました。

一度見てしまったら抜け出せなくなるI Scream Night
コンサート前からこれ絶対帰りたくなくなるやーつ!って思ってたらやっぱりそうだった。これ見ちゃったらもうだめ、何度もコンサート入りたくなる。正直見る前はメンバーびしょぬれで寒そうとかみて、大丈夫か?大丈夫か?って思っていたけど見ちゃったらもうだめ。好きしかなくなる。正常な判断できなくなる。終わった後もずーっとI Scream Night聞きたくなる。
実際こないだのキスラジで流れたI Scream Night聴いていると脳裏に、大量の水のシャワーが、花火が、はじける笑顔のメンバーが、滑り出す北山さんが…きゃっきゃと絡む宮玉が、水たまりを蹴り上げる横尾さんが…走馬灯のように浮かんでは消えていってやばかった。水頭からかぶってメンバーたちときゃっきゃはしゃいでとろける笑顔なお玉ちゃんなんなの…赤ちゃんなの……(最後もやっぱり玉)

でも新規にみてほしいのはワールドだったりする
冒頭で名古屋の2日目に入るって言ってたと思うのですが、名古屋はキスマイ(ジャニ)コンに初めて参加する妹と一緒に入ることになっています。
そうなったときに、初めてみるキスマイのコンサートだったらキスワの方がおすすめだな?ってなるんだよな〜????他のジャニーズとはちゃうねん!こんなかっこいいねん!みたいな気持ち(ある種の選民思想)が多少なりともあったりするのかな〜????なぞ。この辺りはもう少し考えまとめないと自分でも分からないところ。
いや、でも単純にキスワかっこいい曲多いっていうのもあるかも。キスワはコンサートとしてすっごくバランスがいいと思うんだよな。緩急が絶妙。最後の畳み掛けるかっこいいのオンパレードはぜひ妹にも体験してほしかった〜!(あと宮玉結婚式)
今回のアルバムも、次回のシングルもキラキラした王道アイドル感満載だけど、やっぱりちょっとヒリヒリしたキスマイにしかだせないかっこよさを持った曲もどんどん出していってほしいんだよな。
あとこれはコンサート関係ないんだけど「苦労売り」はしてほしくないなっていうのはある。派閥解消で、下積みが〜努力が〜苦労して〜てエピソードをエモいやろ?って演出するのはちゃうねん!ちょっとまって!ってなるからそういう売り方はされないでほしいな〜という勝手な心配。「語らない美学」に魅力を感じる行間読みたがりおたくなんだな。というか新規にみてほしいのは〜ってど新規が何言っとんねんという感じだな。(すみません)


あとツイッターでも散々呟いてたことと被るけど細々した感想も箇条書きでまとめておこうと思います。
一応時系列。

  • 初めの自己紹介の映像のお玉ちゃん、外国の子どもみたいでめっちゃかわいかった♡白の(シルク?)パジャマ着ていて合法しょたみがすごかった……
  • Yes! I SCREAMのフライング、最後がジェットコースターとか絶叫マシン系の動きをしていて、ニカちゃん大丈夫かな…ってなった。画面に映ったときは安定のワイヤーがしっと持ちの顔色悪いニカちゃんで最高にがんばっていた…たかし…かっこいいよ!
  • Yes! I SCREAMフライングだけじゃなくて途中で地上に降り立って、ガシガシ踊ってくれるの嬉しかった。お玉ちゃんも大きな動きでがんばって踊っていたし、センターで先陣切って踊るところ本当にすきだなあと思った。あと衣装差し色に紫入ってた?気のせいかも。
  • サマブリ、Gravity、Kiss魂と怒濤のダンス曲をこなすキスマイたちめちゃくちゃかっこよかった。Gravityのお玉ちゃんの「そう胸の中」めっちゃ待機していたけど安定の藤北のみだった…去年の事例で学んでいたはずなのにもう忘れていた。Gravityはフォーメーションダンスを見せるためか、モニターの映像も引きが多かったのが印象的だった。
  • キスウマイのスクリ~マ~ズとの絡み、お玉ちゃんはタマピヨポーズ。その後もこちょこちょ小芝居してくれていた。キャラクターと絡むのもかわいいんだけどあの頭から肩手前ぐらいまでしか見えていない状態っていうのもなんかレアで下で衣装チェンジとかしてるんだろうな~と思うとそれだけで楽しい。
  • メガラブ。お玉ちゃんは1塁メンステ側。ゆるくふわっとメガホン扱うお玉ちゃんかわいかった。合間にスタッフさんからもらったタオルでお顔拭いたり、お水飲んだりして怒濤のダンスの疲れを癒していた。どの動きも100点満点のかわいさ。かわいいお顔と動きに反して鍛えられた腕が全部見える衣装でそのギャップがまた満点。
  • 最後もやっぱり君。ローラーパフォ。やっぱりつんくの曲は現場で映えると実感。
  • ワタソロ。中央ステージがワッター弁当(わったーひらがなだったかも?)と書いたステージに。丸いキッチンみたいな仕様。フライパンや調理器具をもって歌うわた。ドームの真ん中で楽しそうに料理の歌歌う横尾さんに涙腺緩んだ。歌も、ラップも全部最高だったよ~で、泣いてたら板前けんとでてきて寿司投げ出すからw涙ひっこむw
  • そういえば寿司、思ってた10倍小さかった。顔くらいの大きさだと思ってたけど本物の寿司くらいの大きさだったのに1人で衝撃受けてた
  • ニカソロ。ジョッシー松村がバクステ側から登場。冴えないジョッシー役は深澤くん。「まっちゃんならできる!」と冴えないまっちゃんにチアのまっちゃんが励ます構図めちゃくちゃメタ感あった。すき。
  • ニカソロ。「ラブキスマイいえす!」をおたくたちに言って~と煽っていたのに最後の「ラブキスマイいえす!」の前に「みんな!ここは言わないで~!」って言ってるニカちゃんのラブキスマイ度に胸がぎゅっとなった。
  • ALIVE。一体どういう演出になるんだ?と思っていたらめちゃくちゃ正統派な演出で攻めてた。バックにダンサー付けて、盛り上がりどころでは特効。けれど基本はその身1つで踊って歌うということに重点が置かれていて、それで勝負するお玉ちゃんの姿本当にかっこよかった。
  • WANTED。はじめの方はお玉ちゃん衣装替えででてこなかった。どのタイミングで出てきたんだろう?ここで星条旗の衣装かな。お玉ちゃん基本もこもこ人より多めに付けているのかわいさしかない。あとたいぴがここでもチェックシャツ着ててちょっとわらった。
  • MU-CHU-DE恋してる。7人とも耳つけてパフォ。お玉ちゃんはサンリオキャラだった。むしろサンリオキャラなぎ倒すかわいさ。耳ちょっとナナメ後ろにズレちゃっていたけどそれを気にしてない感じなところも合わせてかわいかった。横尾さんは狼男実写版って感じだった。サンリオと狼男が共存するステージすごい。
  • 15曲終わったところで初めてのMCなのすごくない?お玉ちゃんは初めの方マイク置いてずーっと髪の毛がしがし拭いたり顔ぶんぶん振ったりタンブラーで水分補給したりしてた。MCのときのお玉ちゃんの顔ぶんぶんとか動物的な動きがかわいい。途中がやとふたりできゃっきゃおしゃべりしているのさながらJK。
  • お玉ちゃん吹き替えの告知のとき「吹き替え」じゃなくて「『声優』やらせてもらいます」って言ってたのが、宮田の息がかかったお玉ちゃんって感じで最高だった
  • MC。昨晩スノーマンと焼肉行った話。宮田の横は佐久間が陣取る。でも佐久間が三宅くんの誕生日を祝う電話しているのをみて、何で俺にはしてくんないのと独占欲の強い宮田。「独占欲の強い男はやだ」みたいな事をメンバーに言われていたけど、そこに…そこに宮田への独占欲めちゃくちゃ強い方がいらっしゃいます……みたいな気持ちになった。そして宮田の佐久間話のとき宮田の顔じーっとみているお玉ちゃんみて勝手にハラハラするおたくという(いつもの)構図。
  • 今ナニオタク間のリチャ先生の英語クイズMCで北山先輩が「サマンサタバサ」を「すましたブス」って回答したの、風刺かな?って思ってめっちゃ上がった。
  • ミヤソロ。噂のお玉ちゃんのオタ芸、ほんとにめちゃんこかわいくて目が離せなかった。こんなにかわいいオタ芸生まれて初めてみたよ……1番最後までゆるくお尻をふりふりする宮田に捧げるオタ芸に勤しんでいたし、ローリングジャンプした。
  • シャララ。みかんネットの衣装これか。この曲かわいいだけでなくておしゃれだな~て思って聴いてた。まだ歌いこなせてる感はなかったかな。ここにきてアイドル正統派の曲をリリースするKis-My-Ft2……!
  • DREAM STAGE。この曲なんとなく光GENJIの曲思い出す感じだった。それもあって、このへんからキスマイが正統派国民的アイドルとして日本に殴り込む感感じ始めてめちゃくちゃエモくない!?って動揺していた。いや本当に、キスマイこの時代のチャンピオンになろうとしているよ。
  • Flamingo。マルチアングルください案件。私の席からは全然みえなくてわらった。マイクスタンドの持ち方、個性が出ててよかった。お玉ちゃんはノーマル、宮田は逆手持ち(エロい)、藤ヶ谷は上らへん持ってた(魅せ方しってる)
  • & say。パフォ(と北山のインディアン帽子)みてこれは狩りの曲だ!?みたいな印象に変わった。あっおー!あっおー!が民族のお互いを知らせるかけ声みたいに感じた。FIRE!!!の延長上にある曲だと思っていたけど、全然違うもの見せてくる藤北の藤北力~ひれ伏す。
  • 太鼓パフォ。サンリオの顔してめちゃくちゃかっこよく太鼓叩くお玉ちゃん。途中でサンリオの顔した千手観音になる。ここほんっっっとにかっこいい。後ろの映像もすごく細かくて綺麗だった。
  • PSYCHO。ほんっとこれ最高だから!みんなみて?これ!ファイアビみたいなむき出しのかっこよさの新バージョンみたいな。お玉の衣装のしっぽの感じとかもその要因かな。太鼓の和の雰囲気そのままにこの曲になるんだけど、ただ和ってだけじゃなくてきちんとキスマイのカラー出してる。かっこいい曲とパフォなのに、C&R出来る曲でもあるのが本当に新しい。すき。
  • ブラホワ。ここでエタマイでもなくHairでもなくブラホワもってきたのも(個人的に)新鮮だった。(でもHairもエタマイもやっぱり聴きたい〜!)
  • NOVEL。白い衣装で大きなドームをすーっと移動するキスマイたち氷上の妖精たちかな……
  • Re:。曲紹介のときにちょっとどやった感じになるお玉ちゃんのかわいさ……お玉ちゃんが名付け親だもんね。宮玉パートではじめは宮田がちょっかいかけて「しょうがないなあ…」感出してたお玉ちゃんが途中からお玉ちゃんから宮田に目配せしていたの湧かずには…。結婚式ともまた違った優しい目で宮田をみるんだよ~しかも、お玉ちゃんはじまりなんだよ~勘弁してくれ……。
  • キミキセ。この曲を持ってきたのももうわかったよ~新しいキスマイ!最高だからさー!攻撃する手緩めてくれていいよ!てなった。歌詞がまた今のキスマイ、これからのキスマイにぴったり。
  • I Scream Night。みんなで水でびしょびしょになる演出入れてくるキスマイたち愛しさしかない。髪の毛もぐちゃぐちゃになってるけど気にせずはしゃぐ姿本当にかわいい。お玉ちゃんはきちんと赤ちゃんの表情でかわいさ振りかざしていたし満点。途中の花火の演出もよかった~夏!フェス!キスマイフットツー!
  • 39。前回のライブでも思ったけどお玉ちゃんいっぱいファンサしてえらいね~。ここのファンサじゃなかったかもだけど、ポールにつかまって「おーい!」てファンサしていたのめっちゃかわいかったよ~、お玉ちゃんはいつもいつでもかわいい。


まとまらないまま終わる。

*1:初めての水演出にはしゃいで自分たちがびしょびしょになるって使い方するキスマイ愛しい/盲目

*2:私がみかけたのはアイスクリームがちょい優勢だった

*3:そもそもお玉ちゃんがサンリオの顔でかっこよく太鼓叩いているだけで最高だと感じる単純さ