読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんにもわかっちゃない

キスマイとセクゾとつんくとハロプロ

LAST SCREAM 最高の夏をありがとう

Kis-My-Ft2 Johnny's

朝目覚めたらSMAPの解散が報道されていた。
このタイミングで、書面一枚で。

天地がひっくりかえるようなニュースが飛び込んできても、自分の周りの時間はいつもと同じ様にすぎていく。私は今日も仕事があったので、いつものようにキスマイの曲を聴きながら出社しようとした。けれど、途中でなんだか聴いていられなくなった。他のジャニーズの曲もなんだか今日は聴く気になれなくて、他のアーティストの曲にしてしまった。今日のコンサート、どうなるのだろうって、コンサート中ずっと「舞祭組の二階堂高嗣でーす!」と自己紹介をかかさなかったニカちゃんの、一万字で口々にSMAPのことを話していたキスマイたちの、彼らの心中を思うと、胸が苦しくなった。

彼らはデビューしてから5年、ずっと偉大なる先輩のSMAPの背中を追っていたのだと思う。こんなにも仕事でガッツリSMAPと絡んだ後輩ってキスマイくらいなのかな?最近のニカちゃんなんて顔が似ている訳でも、体格が似ている訳でもないのに、中居くんに見える時がある、なんて、ファンから、深澤くんから言われてるくらいだ。もし、SMAPの背中を見て育たなかったら、玉ちゃんから「国民的アイドル」になりたい「日本一」なんて言葉でてこなかったんじゃないのかな、なんて感じたりもする。(SMAPの背中を見ていないキスマイがいる世界にはどうやってもいけないので、わからないけれど)ファンにとっても、国民にとっても大きな存在なSMAPは、舞祭組にとっても、キスマイにとっても、本当に大きな大きな存在なんだと思う。

8月13日のサムガで、中居くんがキスマイのことを「俺にとっては後輩だけど小林くんにとっては“スター”だからね」と言いながら「Everybody Go」を「チャンピオンの歌」と紹介して流してくれた事、「いつかSMAPを超えて、ジャニーズでいちばんになってくれって。俺らがヤベーなって思うような存在になってくれよ」と言ってくれた事、すごく嬉しいなって思います。「明日へコンサート」はじめ、SMAPが背中を通してキスマイに教えてくれた事、そのすべてがキスマイの財産だなって思います。

「いい事も、嫌な事も、全部俺等にぶつけてこい!!!!!」
ファンと同じか、いや、確実にそれ以上に色々思う事、感じる事があるはずの北山が、こんなに真っすぐで、すべてを包み込んでくれるような優しい強さをもった言葉を投げかけてくれる。このコンサートで毎回舞祭組を大事にしていたニカちゃんが溢れる思いをぐっとこらえたかと思ったら、北山がさりげなく気持ちを拾い上げる。「このツアーで気付いた事が3つあります。ライブが大好きです。そして来てくれる皆が大好きです。そして皆と同じくらいキスマイの事が大好きです!」とファンの不安を払拭してくれる言葉を宮田が持ち前の優しさでさりげなく盛り込んでくれる。最後の挨拶で「僕らKis-My-Ft25周年ですけれども6周年、7周年と続いていきます」そう力強い言葉を残してくれる北山はじめ、始まる前の円陣の段階で客席にも轟くような気迫を見せてくれたキスマイ。本当にまっすぐで強くてやさしいグループだなあと思う。

Kis-My-Ft2 CONCERT TOUR 2016 I SCREAM、最後までお疲れさまでした。今年、このツアーに参加出来た事、とっても嬉しく思います。一生忘れない、夏の思い出をありがとう。サムガでキスマイの5周年を激励してくれた中居くんに応えるように、ぐらぐら揺らぐファンの思いをすべてとっぱらうかのように、キスマイ達が「この7人の今がKis-My-Ft2だ」と言わんばかりの素晴らしいコンサートをやりきってくれたことが本当に嬉しいし、心強いです。キスマイのファンでいられてよかったなあと、ついこないだ散々書き連ねたのに、それではまだ足りないくらいそう思う。

そして、コンサートのオーラスが終わったこのタイミングで、前だけを向いて「さて 頑張るか」と短いながらも信じてついていける言葉をくれてありがとう。まいにちたまもりゆうた、とってもかっこよくて、大好きです。Kis-My-Ft2が大好きです。

「お前、センチメンタルなブログしか書かれへんのかい」って感じですが、今のこの瞬間の素直な気持ちを残しておこうと思います。
朝、聴けなかったキスマイの曲を、繰り返し繰り返し、聴きながら。