読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんにもわかっちゃない

キスマイとセクゾとつんくとハロプロ

忘れられない夏「Sha la la☆Summer Time」雑感

Kis-My-Ft2 Johnny's music

金曜のMステ最高でしたね?????2時間スペシャルのはずだったのに私は4時間くらいMステみてました。私のMステは紛れもなく4時間スペシャルだった。(?)アイノビの流れるような自然に取り入れられたフォーメーションダンスを魅せ、ファイヤビでギラッギラのKis-My-Ft2にしか出せない色を魅せ、北山は得意のパフォーマンス狩りスキルを発揮し、そして最後は爽やかなアイドル王道曲をキラキラ何気ないそぶりで魅せてくる。キスマイの魅力がここぞとばかりに凝縮された最高のパフォーマンスでした!Sha la la☆Summer Timeを聴いて、もうそろそろ今年の夏も終わっちゃうな…って思っていたんですけど、終わらないわこのMステみてたら一生夏終わらないわ、みたいな気持ちになっています。このパフォーマンスが、キスマイとおたくたちで積み重ねた1枚1枚が次に繋がるといいな〜。

毎回の長めの前置きも今回はこのへんにして、楽曲レビューとMVもろもろの感想をつらつら書き連ねていきたいと思います。


01. 「Sha la la☆Summer Time」
まだまだ暑さが残っているけど、少し秋の風が感じられるようになってきた、ちょうど今くらいの夏の終わりに聴くのにぴったりな曲。イントロのキラキラしたサウンドに始まり、少しレトロさを随所にちりばめ、ゆったりと、それでいて駆け抜けていくような爽快感と切なさを感じるリズム感、そしてアウトロの少し不協和音気味に余韻残して終わるところまでずーっと好き。I Scream Nightにも感じる、夏を惜しむ切なさを持つ曲なんだけど、I Scream Nightは夏最中のその瞬間を名残惜しいと思っているイメージだとしたら、Sha la la☆Summer Timeは最高だった夏を思い出す「回想」の曲だと思う。「1ステップ 汗ばむ Tシャツ脱ぎ捨て 今年もほら 夏が始まる」「Sha la la Hurry up やり残しはナシ」と始まるんだけど、「2ステップ 焼けた素肌 熱が剥がれゆくように 夏が暮れてく」「Sha la la Hurry up まだ終わらせない」「夕暮れめがけて」と2番では夕暮れになっていて、1曲の中で自然に時間の経過が表現されているのがとても好き。歌番組の演出でこの夕暮れのあたりでまさに夕方の色合いの照明に変わるのもすごく好き。「いつだってそうなんだ 未完成な気がして 僕らまた夏を Summer Time 待っている」この曲がキスマイ5周年3部作の最後を締めくくるにふさわしく、アルバム・コンサートの楽しかった、キスマイ達と共有した「もう戻ることはない最高だった今年の夏」を回想しながら、来年以降の夏に焦がれている歌詞が胸に染み入る。いつだって「未完成」だと感じるから、前に進める。今年の夏は、私にとっても、おそらくキスマイたちにとっても忘れられない一生ものの夏だったと思うんだけど、それもまた「途中経過」なんだ、次の夏は今年の夏にはなり得ないけれど、今年の夏を糧にした夏なんだなって。すごく良い歌詞だなあと今これを書きながらしみじみ思っています。(ただちょっと音がボワボワしているので音質がもっと良かったらもっと最高だった…私の視聴環境のせい?)


02. 「DREAM STAGE」
初めて聴いた時、光GENJIだ!って光GENJIのことろくに知らないのに感じた。しゃららも好きなんだけど、この曲も大好き。直球すぎる正統派な王道アイドルソングをキスマイが歌うってことがまず最高。「ここから始まる 新しい夢のステージ 掴み取る未来へ 走り出そう Kiss My Dream」しゃららでもまだまだ前に進む途中という事を歌っていたけれど、さらに先へ、今まで見た事のない世界へ、キスマイならいけると思わせてくれる歌詞とそして浮かんでくるローラーで駆け抜ける姿が脳裏に浮かんできて、聴いているだけで泣けてきてしまう。おたくは信じてついていくね…ってめちゃくちゃ気持ち掴まれる。「常識の向こうへ 突き進め」キスマイが歌うからこそ、この歌詞が輝き出す。リアルタイムで追ってきたわけじゃないけれど、過酷なバラエティや、なかなかデビュー出来なかった下積み時代、そんな思いが走馬灯のように溢れ出し、夢のような歌詞を現実感のあるものにしてくれる。キスマイならできる!*1あとこの曲の歌割がすごく新鮮に感じるんだけどどうなんだろう。まずソロパートが少ないのが印象的。2人以上〜ユニゾンが多いよね。その歌割がまた一丸となって突き進んでいる様を想像させる。いつもは隠れがちな玉ちゃんの声がたくさん聴こえてくる(ような気がする)のが個人的にめちゃくちゃ嬉しい。ユニゾンで歌うと、ニカちゃんの少しざらついた声がいいスパイスになるなあといつも思う。

初回A収録「スナック SHOW和」
ドラマCDかな?今まで培ってきたそれぞれのキャラクターや個性をこうやって爆発させているのを見るとよかったねえ…となんかもう孫を思うおばあちゃんみたいな気持ちになる。私おばあちゃんの才能あるわ。(?)曲だけで完結するには勿体ない、MVやコンサートを見たいと思わせる曲だから、きっとそういう演出ありきのユニット曲なんだと、勝手に思っているのでよろしくお願いします!この3人、キャラもだけど、こうやって聴くと声にもすごく個性があるなあと感じる。横尾さん演歌うまくない??

初回B収録「70億分の2」
超ド直球なバラード。ふたりが出会えたことが奇跡だと、まるでお互いの事を歌っているかのような歌詞におたくたちが泣かない訳ないじゃん?ふたりが出会ってくれて、同じグループで、こうやって2人の曲としてこの歌を歌うことが何よりの宝物です。今までも、これからも一緒に歩んでくれることを祈らざるをえません。ニカ千尊すぎる…。藤北の背中をみて育ってきたニカ千が、今後どういう歩み方をするのか、見届けたいと思う一曲。これもコンサートでみたいよな〜みたいよね。

通常盤収録「Touch」
めちゃくちゃEDMじゃないですか。お玉ちゃんの声って本当EDMと相性がいいなあと思う。まあ、お玉ちゃんのおたくなので何歌っても相性がいい!最高!生まれてきてくれてありがとう!みたいになるのは目に見えるんだけど。スナック SHOW和に入らず、お玉ちゃんと天使の歌歌うたいぴおもしろいよね。この曲もコンサートみたいから!ユニット曲全部コンサートでみたいから!よろしくお願いします!!って曲調全部全然違って振り幅あるのに、どの曲聴いてても思うのがおもしろい。あと藤ヶ谷や北山とふたりで歌う時、大概お玉ちゃんの音量少し抑えられている印象なので、お玉ちゃんの声がたくさん聴こえてくるの嬉しい。

初回A収録/MV感想
まずセットがめちゃくちゃ好きなんだわ。この雰囲気めっちゃ好き。YES! I SCREAMのMV見た時に、あっ今年の楽曲大賞のMVこれだわ…って思ったんだけど、それをまた軽く追い越してしまった。夏が終わった後の夜のドライバーズカフェっていう設定がまず最高。ここで青空覗く空間じゃないのがめっちゃいい。もうこの時点で夏の余韻感じまくる。個人的にはコンサートや、音楽番組がSha la la☆Summer Timeの本編みたいな感じで、このMVもスピンオフ的立ち位置というか、Sha la la☆Summer Timeを回想する位置付けだなあと感じている。音楽番組と言えば、はじめのローラーを履くシーンと、途中のみんなでジャンプするシーンが好きすぎて、そのシーンがないのだけがオシイというか、そのシーンがないからこそ、音楽番組の方を本編だと感じるのかもしれない。

初回B収録/スピンオフMV感想
個人的にSha la la☆Summer TimeにSFみを感じまくっていたのでよくぞこの演出の!MVを!入れてくれた!みたいなもう感謝以外の感情忘れる。セットも相まって森博嗣スカイクロラ思い出しまくるし、町田洋の衛生の星の冒頭の飲み屋のシーンが思い浮かぶ。というか本当に衛生の星の冒頭のシーンめっちゃこれなので是非読んでみてほしい!Sha la la☆Summer Timeを題材にした物語を集めた同人誌が読みたいよ〜〜〜〜。
スピンオフまずラジオから聴こえるようなくもった音質で始まるのがめちゃくちゃ最高。画面がずっとうす暗いのが非現実の世界っぽくて最高。林檎あげてるときのほーい!って口パクするお玉ちゃんさいっこうにかわいいしそのあとちょっと悪い顔するのもかわいい。メイキングを見た後だとまた違った楽しみ方出来るのよいなあ。千ちゃん、後ずさっていくのめちゃくちゃおもしろくてかわいいけどEXITという扉の向こうに追いやられるのブラックジョークがすぎない?大丈夫?受け手の問題?あ、でもその後ちゃんとその扉から出てくるから殻を破る的な意味合いも出てくるのかな。花火も全部CGなんだということを踏まえてみるとみんなバンバン演技しているんだなって思えて二度も三度も楽しめる。
結局なんでキスマイたちがスクリ~マ~ズを介して元に戻れたのかは謎なんだけど、もはやスクリ~マ~ズがキスマイたちに成り代わっているのかもしれないって思うと最後ちょっと背筋がぞくっとするのも夏っぽくてとってもよいなあ。曲を聴いているときから感じていたSFっぽさをこうやってスピンオフムービーという形で作品としてみれるの嬉しいなあ。しかも、メイキングまでみれるのお得すぎない?私は福利厚生がよいエイベックスしかしらない新規なんだけど、この福利厚生のよさまじですごいよね…。お金を払ったらきちんと対価が用意されている。さらに初回Bはそれに止まらず沖縄ロケの映像までみれるの最高だよね。

惑星9の休日

惑星9の休日

 
スカイ・クロラ (中公文庫)

スカイ・クロラ (中公文庫)

 

 

初回A収録/MVメイキング感想

  • 転けるとき「きゃー!」ってとっさに叫んじゃうお玉ちゃんかわいすぎるよね。転けちゃった後藤ヶ谷初めちょっとずつ口元緩んで「悲鳴が…」「叫び声が…」で笑顔からの「すみません」。愛おしくってごめんねを地でいってる。
  • 芸風が北山って言われるニカちゃん嬉しそうにずっといたずらしてるのかわいいかよ…そして宮田は全編通してみんなから歪んだ愛情受けすぎている。
  • ス「玉ちゃん!顔完全にお休みしてたよ」玉「うそぉ!?」ス「本番だよ?」玉「うん知ってるよ。うそ?…やばかった顔?」ス「やばかったやばかった」ス「リハーサルかと思った」玉「うはははは」宮「玉ちゃんとやれ!」玉「(めっちゃすばやく振り向いて)おま○○○○!」
  • お玉ちゃんナチュラルに幼稚園児みたいな対応されているしそれに対しての返しがまた「知ってるよ」って園児感満載でかわいいからそりゃ「お休みしてたよ」って表現されるよな…って納得させられすぎる。
  • 「目はやばいやばい…目はやばい」てふたりで扇風機でたわむれていシーン。スタッフ近づいてきたら「きたよ」って顔して通常宮玉からサービス宮玉になる宮玉たちにわらった。
  • 「玉さっき気ぃぬいてたぞ。本番なんだからちゃんとやれ」「ん?」「本番なんだからやるときやれ」「ん?」「ガツンと言いましたよ」のくだりのときのお玉ちゃんの顔終始かわいすぎではと思っていたらそのあとの撮影シーンの顔もかわいかったし玉ちゃんの顔はいつでもかわいい。
  • 宮田の側転のシーン、藤ヶ谷が宮田に入れ知恵してからの「俺のカットだから(俺に)合わせて」って言って横尾さんが「おっけー」って返しているの茶番過ぎる。
  • BAR宮田、ナチュラルに宮玉の距離近くてわらう(ニカちゃんにあと15分だけいなさいよって言ってた距離より全然近い)し、あの距離感で宮田の方じっとみながらお酒飲んでるふりするのかわいすぎてダメ。微妙に揺れてるの、音楽番組で抜かれたときに身体揺らしてかわいくみせようとする女子ドルのそれと同じ効果もたらしてた。
  • 宮ママの「カシスオレンジでいいかしら?」という言葉でお玉ちゃんにビールは苦いもんね…甘いのがいいよね…ってもしツアのこと思い出して妙に納得させられるからな。
  • 「会ったばっかですし〜おこがましいかなって思って〜」の会ったばっかの人に心は開かない玉森裕太が出てきてテンションあがったし、シブミツきたらすたこらさっさと逃げてくお玉ちゃんわらった。
  • 移動カメラでの撮影のとき、ナチュラルにアイドルの顔で挑むお玉ちゃんとアイドル顔時々はがれちゃう不器用なニカちゃんの対比にもえた。


スピンオフメイキング感想

  • 休憩中の人見知りコンビの後ろでさらに人見知りのB型コンビが途方も無く座っているのわらった。
  • ぱりぴってるお玉ちゃんほんっっっっっっとかわいいね笑顔が満点だね……。
  • ニカちゃんの「僕らってテレビの中の存在じゃないですか」という発言が最高。ニカちゃんのテレビの向こうのアイドルを演じようとする姿勢私のすきなアイドル観だよ。
  • テレビに閉じ込められて「たまー!たまー!!」と叫ぶ宮田、お玉ちゃん宮田が宮玉営業してくれてよかったねえ…。
  • 小さい演技する北山の嬉しそうさやばない?このメイキングの北山ずっと女の子みたいにかわいい。まあお玉ちゃんもずーっとかわいいんだけどほんとかわいくないときない。
  • 林檎持ち運ぶ玉ちゃんムービーでもかわいいけどメイキングでもかわいすぎる…かわいすぎる……表情がコロコロかわるの本当かわいい。
  • 「かちーん」「思いのままに凍ってみようと思います」のお玉ちゃんほんとお玉ちゃんだし、思いのままに凍った姿本当に凍った姿だからお玉ちゃんにお芝居のお仕事が入ります様に…。
  • 千ちゃんの体当たり演技とお玉ちゃんの目w
  • 宮田仮面付けるとめっちゃ顔しゅっとしておたくとか言ってるけどジャニーズなんだよなと世界違うの見せつけられる感じ最高。
  • セクシーサマーに雪がふる宮田。
  • コロ助のように歌うお玉ちゃんにしーってするニカちゃんにうんって頷くお玉。一連の流れが全部可愛すぎる。ここは幼稚園かな。
  • 二「かわいい」玉「ニコニコしながらやってるからさ、いいよね」二「チュッ」玉「あ、そういうは大丈夫」ニカ玉小競り合い芸が違った展開を見せていてわらった。そしてそのあと宮田が北山のマイクに迫っていくところで北山めっちゃ速攻違うマイクに移ってるのわらった。ていうかわたたい近くない?
  • 横尾さんに捕らえられたけど先に上がった宮田に対して「お前楽屋で待ってろよ」なお玉ちゃん。声のトーンがナチュラルな宮玉感じさせて正直ここが一番宮玉ぁ…ってなったかも。営業じゃなくて(営業しているのもかわいいんだけど)日常な感じみせられると上がるよね。
  • カメラ北山の上にする芸、こないだの特典でもやってた気がするけどあれ北山気付いていなかったんだっけ。何にせよ背が低いいじりされると嬉しそうな北山みてるとこっちも嬉しくなる。あんまりメンバーにいじられることないもんなあ北山。
  • 千「俺と一緒にオレンジジュース飲めなかったら…別れよう」にたいして男性の声で「やだ」って答える茶番。
  • 終わりに近づくとテンションあがる玉ちゃんが本当に最後にきちんとテンションあがっていてわらう。

 

初回B収録/沖縄ロケ感想

  • シーサーにテンション上がる宮田に乗り切れなかったお玉ちゃん。
  • イリオモテヤマネコ(仮)と戯れる宮田。イリオモテヤマネコのレア度と宮田のレア度を比べてイリオモテヤマネコの方がレア度高いというお玉ちゃんとそもそも本島にイリオモテヤマネコはいませんな横尾さん。でも多分お玉ちゃんにとって宮田はレア度高くないけど私たちにとってはイリオモテヤマネコかそれ以上にレア度高いからね、宮田のレア度高くなくてよかったねお玉ちゃん。
  • 沖縄名物しりとりをはじめる宮玉。しりとり中のお玉ちゃんの顔がとにかくかわいいし(ちょっと眠いのかな)、「めだか」は許されないけど「すずめ」は許される空間、宮玉って感じだった。あと玉ちゃんめっちゃ宮田見るよね。宮田は案外玉ちゃんと目を合わさないよね。
  • 玉「今夜も、泡盛いっぱい飲んでるのかな?泡盛もいいけど、玉森もいいぞ。ハイサーイ」はい、100点満点。
  • 沖縄に咲く一輪の鼻花「ハイビ「ク」カス俊哉さん」決めセリフのとき顔映ってないのわらう。
  • 宮「アディオス、サーターアンダギ—」
  • 玉「横尾、集中しろ」横「はい」玉「あ〜暑い…」横「玉森、文句言うな」玉「はい」ニカ玉小競り合いに続く横玉小競り合いに笑った。
  • 「ねえ、でっけめのヤドカリきたよ。でっけめのヤドカリ。」のあとでんでんでんでん♪てでっけめのヤドカリのテーマ歌ってるお玉ちゃんかわいすぎない????
  • 玉「え?なに、なに、とるでしょ。今暑くていまご機嫌ななめなの。ご機嫌ななめなの。気を付けな」ななめなのの言い方かわいすぎる。
  • 石の前でペタリと座ってリフォームし始める千ちゃんおもしろすぎるんだけどw
  • 宮玉が一緒にほのぼの水際デートしていたら歩いてたらいきなり羽根生えた千ちゃんくるからわらう。さっきから千ちゃんなんなの。
  • じゅんいちダビッドソンなニカちゃんに微じゅんいちダビッドソンで返す北山の感じめちゃくちゃすき。
  • たいぴの歩いているときの手がJKだった。
  • ニカ千相撲大会始まる前にすでに千ちゃんの背中砂まみれなの微笑ましいし、年少組に絡まれる北山楽しそうでよかったねえという気持ちに。北ニカもすきだけど地味に北千もすき。北山の前だと千ちゃん男子男子するよね。
  • ビショビショになる北宮千の何見せられているのかな感ものすごい。
  • 北山の先に鼻にコーン持っていってたのに宮田が鼻にコーン担当になったのみてこっそり自分は鼻にコーンやめて「鼻がいちばんおいしいよ」って言葉に「おいしいって」って言ってあげてそれが地味に特典映像の端っこに映っちゃうところめっっっっっちゃすき。その優しさと優しいからちょっと貧乏くじひいちゃうところ…。


ここまでまとめていて、私まだ特典映像みていないことに気付いた。どんだけ盛りだくさんなんだ。文章巧かったら素晴らしいので買ってねという販促活動が出来るんだけろうけどまあ出来ないのでとりあえず終始いつも通りかわいい最高とだけ書き連ねます。特典映像の感想はまた何かの機会に…!(そういうのばっかだな)

*1:ジョッシー松村のI SCREAMパロ